映画と恋愛ときどきビジネス

精神が文学部から卒業できてない社会人のポエム帳

アニメ業界

女性向けアニメに接近する『an・an』:おそ松さん、ユーリ!!! on ICE、ヒプノシスマイク特集などの変遷

今週号の女性週刊誌an・anが、ヒプノシスマイクの特集をしている。大きな目玉は、付録の、新しい衣装を着たキャラクターたちのロングポスターだそう。 twitterで「anan ヒプマイ」と検索すると、ヒプマイファンのリアルな反応が観察でき、興味深い。 この件…

【感想】『スパイダーマン:スパイダーバース』:本作を作るアメリカ、シティーハンターを当てに来る日本

映画の感想は書かねぇと決めたはずなのに(以下略)【技術論】【中身(テーマ)】【ビジネスプロジェクト】の3本立て雑メモです。

夢の中割マシーン:Inbetween Dreamin'

※もっと真剣に先行事例を調べる必要がある、殴り書きメモです。※色々わかってなかったり間違っている可能性が高いので、もしお詳しい方がいたら、是非ご意見を頂けたら嬉しいです。

アニメ好きはアニメが見たいわけではない! ヒプノシスマイクが流行した衝撃

今年もまた、200本くらい新作アニメが放送されました。世間的には『ポプテピピック』『ダーリン・イン・ザ・フランキス』『はたらく細胞』『SSSS.GRIDMAN』あたりが注目されたでしょうか。 が、一部女性アニメファンを中心に大熱狂を起こしたのは、なんと非…

日本のアニメは、サンプリングとリミックスに光あり! 名ブログ「17.5歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」EAB(葛西祝)さんに聞く、これから見たいアニメ

毎4半期に約50作品、年間で数えれば200作品以上放送されているTVアニメ。そんなアニメを、各作品1話のみ(作品によっては5分だけ!)視聴して、水面下のトレンド推移を考えるという、ヘンテコなアニメ感想ブログがあります。 ブログタイトルに代表される、…

現役20年のアニメーターが斬る!(後編) アニメーターと報酬の実態

業界歴20年のフリーアニメーターさんへのインタビュー第2段。続いてのテーマは「賃金」です。「アニメーターは、薄給なのに仕事に追われるブラックな職業だ!」ということは、巷で言われておりますが、その実情はいかなるものなのでしょうか。 ※以下凡例:ア…

現役20年のアニメーターが斬る!(前編) コンプラ無きアニメーターの世界 ~たとえば恋愛事情について~

アニメーターの皆さんは、日頃どのように働いているのでしょうか。例えば、作品解説という形でのインタビューや、業界団体によるレポートによって、間接的には知ることができます。さらに、最近ではSNS上で発信しているアニメーターも少なくありません。 そ…

たまたま出会った人たちの話とたまたま拾った情報からアニメ業界のことを雑に考える

■何かと話題になる「製作委員会」という単語 製作委員会という単語は、『シン・ゴジラ』が面白かったことの理由にされたことや、最近では「ヤオヨロズ」福原さんの発言、「ポプテピピックの斬新さはキングレコード1社出資が大きかったのではないか」説あっ…