Anime Quester

アニメについての発信(ビジネス・モデル多め)と、映画の感想。ご連絡は tackman.anime(あっとまーく)gmail.com にてお待ちしてます。

「クソ野郎と美しき世界」雑感想 / 映画って何のためにあるのかな……と青臭く思ったというお話

ついさっき本当にあった話を聞いてくれ。

f:id:ladyrossa76:20180408015246j:plain

土曜日の夜ですしね、TOHO新宿に『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を見に出かけたのですよ。そしたら、21時台の回なのに、満員でチケットが売り切れてたのですよ! #マジジュマンジ!!!!
体感的に、21時台が売り切れるって、君の名はディズニーばりのよっぽどの大ヒット作だと思っていたので、完全に舐めていました。 #マジジュマンジ!!!!

…『クソ野郎と美しき世界』を見ることにしました。
「心置きなくジュマンジ楽しもう!」というノリでいたので、ノーメイクパジャマスニーカーみたいな恰好で来ちゃったんです。SMAP大好きお姉様お兄様たちに挟まれてこの格好か~キツいな~と一応憂いつつ、スクリーン7に入りました。
(TOHO新宿好きの皆様ならおなじみ、シンゴジとか君の名はとかマーベルを掛けるあそこです)

そしたらですね、お客さんがたぶん20人くらいしかいなかった。
そして当の映画は……3人のファン以外は、見なくていいような気がしました。

オムニバス作品です。
稲垣吾郎(×園子温)、香取慎吾(×山内ケンジ)、草彅剛(×太田光)の短編3つに、ラストに全作品の内容を目配せするメタミュージカル短編がつきます。

1本目の園子温短編がまず酷い。
園監督、絶対脚本はじめ中身を詰める作業より、馬場ふみか演じる娼婦?のキャラデザだけ、真面目にやっただろ。
浅野忠信演じる「大門(マッドドッグ)」ってなんだよ……!!!!(マッドマックスFRパロだとしても雑すぎる)
稲垣吾郎は天才ピアニストという役柄なのですが、ピアニストであることがいまいち活かされてないし、恐らくご本人弾いてないだろうバレバレの画面なので(もし実際に弾かれていたらすみませんw)、テンションが下がってきます。
大門のアジトについて、フジコが花火に気が付いてバルコニーに出る時の外見(場末のビルっぽい)と、直後にフジコが脱走する場面で映し出される外見(国立博物館ばりの正当派な何か)が、あまりに違い過ぎ。

 

続く香取慎吾短編ですが、どうでもいい心温まるファンタジーです。

 

草彅剛×太田光のエピソードは、「草彅演じるヤクザ」というファンタジーがありつつ、3作の中では1番見応えを感じました。
悲劇をドライに突き放すクールさ(わかりやすい例としては、尾野真千子に「母親は子どもの居場所が子宮でわかるのよ!」的絶叫芝居させた直後に「その勘は間違っていました」とする展開など)や、タイトルの意味が短編観終わって理解できるという伏線回収、シリアスさなど。
(他の2作は、あくまで「予め才能を持っている人間が、自分の意思を実現するために軽い障害を乗り越える」っていうドラマでしたからね。)

 

映画監督が本職じゃない人が作ったエピソードが1番面白いって大丈夫なんだろうか……と思っているうち、スマスマの出来が悪いコントみたいな、悪夢的ミュージカルパートへ突入します。

ミュージカルの夢は無限です、もっと狂った映像を見たいです。

 

あとは、「自分たちはクソだ!!!」エクスキューズを使う作りは、タイミングとして超惜しいと思いました。
SMAPファンクラスタには被らないでしょうが、「クソ」という2文字はアニメ版ポプテピピックによってカジュアルに盛り上がったばかりの今です。
単純に、草彅ヤクザ以外、別に「クソ」と言い切れるキャラクターでは無いことへの義憤(草彅ヤクザもクソ人間ではないし……)もあります。

 

さて、映画を作ってしまったということについて、その時点で手放しに凄いです。
なので、上記諸々の殴り書きは、「お前は一体誰なんだ……」から始まるただの負け惜しみです。

 

突然の自分語りで恐縮ですが、私は1991年生まれなので、生活のどっかにSMAPの曲がありながら、大きくなりました。
小さい頃、帰省する車の中で両親がかけていたカセットテープには「雪が降ってきた」「君色思い」「Hey Hey おおきに毎度あり」あたりが入っていました、食事中のふとしたスキマに、スマスマ森君お別れ回(1996年5月)の録画映像が流れていました。
人生初期間限定ポップアップショップ(どういう初体験カテゴリーだ)は当時仲良かった子と行った表参道ヒルズSMAP SHOP。初ライブは「SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour」。初めて同棲した彼氏のカラオケ定番は「セロリ」。よくラップパートの練習を聞かされました。毎回毎回そんなにいつも会えないから~ってやつですね。

 

新しい地図」のtwitterフォロワーは40万人。
4/6(金)から公開が始まった本作の現在動員数は、約34,000人(厳しい!)
力を持っている3人が発信していくものだからこそ、独りよがりのものでなく、エンターテイメント(せめて映画)の歴史を刷新する新しいものが見たく、今後に期待させて頂くばかりです。

f:id:ladyrossa76:20180408014931j:plain