Anime Quester

アニメについての発信(ビジネス・モデル多め)と、映画の感想。ご連絡は tackman.anime(あっとまーく)gmail.com にてお待ちしてます。

イデオロギーが無い幾原作品:『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』

2.5次元ミュージカルの雄・ネルケプランニングがガッツリ企画に入っているアニメ、個人的には初見で「おお!」と新鮮に移ったのですが、先例あるのでしょうか。ネットフリックスで世界一斉配信の日本発オリジナルアニメが作られるようになった一方で、「ライブやイベントへの先行予約券封入」施策でパッケージ売上を増やす新たな切り口として、「2.5次元ミュージカル」が出てきた。
時代の変化だな~と思います(適当)

 肝心のアニメの中身について、巷では「ウテナウテナ」と騒がれているようですが、ちょっと違うと思いました。もちろん、本作監督の古川知宏さんは幾原監督の弟子筋にあたり、ところどころ幾原監督のDNAは感じさせられます。例えば、タイトルロゴに見られるようなデザインへの目配せ、「アタシ再生産」という小劇団ぽいキャッチコピー(なんか古いですが……)といったガワから始まり、1話後半から唐突に始まる地下決闘場での一騎打ち、勝負を取り仕切る謎のキャラクターは動物(キリン)、といったモチーフ。ウテナはもとより、ピンドラやユリ熊嵐でも見たことがある図です。

f:id:ladyrossa76:20180715084519j:plain

f:id:ladyrossa76:20180715084525j:plain

しかし、今作からは、幾原監督作品のように「このアニメを通じて、現実の日本に何か物を申したい」という意図のようなものを、とりあえず現段階では感じませんでした。
例えば、幾原監督は、キャラクターデザインに都度気に入った少女漫画家を起用するという気の入れ様を見せますが、対して本作は、もう1プレイヤー重要な製作陣として噛んでいるブシロードの既存作路線を汲んだ、いわゆる「アイドルアニメっぽい」キャラデザを踏襲しております。
物語自体も、これまでのアイドルアニメに幾原要素(を借りてバトルロワイアル要素)が入ることで、少し違った路線へ進化した作品、というような様相です。
1話の絵コンテは古川監督自身によるものですが、特に前半部「ふつうのアイドルアニメ」パート、これがもし幾原監督だったら「僕はアイドルになんかなりたくない!」と言い出すキャラクターが1人でもいたり、或いは「アイドルアニメらしさ」を逆手に取った毒気のあるネタ尽しになりそうなところ、本作からそこまでは悪意が感じられません。

f:id:ladyrossa76:20180715084615j:plain
とはいえ、このこと自体が別に悪いとかダメだとかは、全く思いません。
「アイドルアニメは普通にOK、好き。」「だけど幾原監督の演出も大好き!」という、古川監督の「スキ」のみで出来ているように見えることが、却って抜けの良さに繋がっていると感じました。
また、製作委員会としては、「僕は自分のアニメで世界を変えたいと本気で思っている」と未だ真顔で思っている人よりも、そういったイデオロギー無しに作品作りに向き合ってくれる人の方が、職業監督として一緒に仕事がしやすいでしょう。「2.5次元が噛む」という新スキームにあたり、幾原監督ではなく古川監督が選ばれた一因は、そのあたりにもあるのではないでしょうか。

 

今後の内容については、アイドル版「まどマギ」ではないですが、アイドルという職業をメタ的に批判していく作品……というよりは、1話から丁寧に紹介された登場人物たち9人が、たった1人のスターの座を巡って争っていくドラマ(@アイドルアニメのフォーマット)という流れになっていくと予想します(アイドルをメタ的に批判する作品にしてしまったら、2.5次元運営がやりづらそうです)。

久しぶりに幾原監督話題に触れるキッカケとして、楽しく拝見しました。
がんばれ、レヴュースタァライト!

f:id:ladyrossa76:20180715084845j:plain