映画と恋愛ときどきビジネス

精神が文学部から卒業できてない社会人のポエム帳

組織のボトルネックが要職のおじさんだった時の対処法

f:id:ladyrossa76:20190607215451p:plain
本件、他社の事例で、力技を聞いた。稟議提出先のおじさんがポンコツで、何も進まず苛々した結果、部署まるごとスピンオフに向けて調整・準備しているそう(笑)

……まぁ、どこの組織もあるあるそうな困りごとだが、一方のおじさんにも家族や人生があるし、ベンチャー外資や一部日本企業でなければ生え抜きのおじさんを辞めさせることはできない。なので、ふつう解決策は、以下の3つと思われる。

(1)おじさんを他の部署に移動させる
【方法】上長の上長、他部署の要職おじさん、人事など然るべき役職の人に相談
【メリット】おじさんの人生は劇的に変えずにすむ
【デメリット】傍目にはただの異動なので、おじさんが自分のどこがダメなのかを理解せず、改善されない可能性。で、移動先で被害が連鎖する。

(2)おじさんを辞めさせる
【方法】上長の上長、他部署の要職おじさん、人事など然るべき役職の人に相談
【メリット】当該チームや部署だけでなく、全体で見て、社内の被害を最大限に食い止めることができる
【デメリット】実現に労力を要する。おじさんの人生が劇的に変わってしまう。

(3)いまいる場所の改善を諦め、自分が他の部署や会社に行く
【方法】“移動”の準備に専念して実現
【メリット】自分の利益に関わるという最大のインセンティブのおかげで、腹を括ったらスピーディーに行動できる(※筆者は体験済)
【デメリット】仲間をおじさんの庭に残していくことに対し、どう心理的な整理をつけるか。

 

冒頭の力技は、(1)と(3)を掛け合わせた「みんなでおじさんがいない場所へ移動する!」というものであり、「ほんとにそのおじさんに困っていたんだろうな……」という同情と、「今いるチームみんなでビジネス勝ち抜きたい!」という強い意志を感じ、素晴らしく思った。

いま私がいる場所にも、1人、大なり小なりチーム全員に被害を与えている困ったおじさんがいる。参考にしたい。また、全国でこの問題に悩んでいる皆さま。どうされているでしょうか。

 

(例外)おじさんを暗殺する
【方法】ゴルゴ13を呼ぶ

 

以下略

 

↓こんな記事より、真面目に参考になる事例